【イベントレポート:FeedTech2016】「データフィード」活用について

Facebookをフル活用することで、購買ファネルを全体的にカバーすることが可能。

また、ユーザーの68%はマルチデバイスを経て購入に至っている。

DPAはあくまでFacebookプロダクトの一部だが、ファネルの顕在層の訴求には欠かせない存在になっている。俯瞰的にFacebookプロダクトを改めて知ることができました。

キーノートセッションの最後は、「トップランナーHOME’Sが語る!700万件以上の不動産情報によるデータフィード活用戦略」と題して、多田隈氏(株式会社ネクスト/HOME’S事業部マーケティング戦略部プロモーションユニット広告グループ)が登壇。

同氏は、事業概要から具体的な広告戦略までをお話されていました。

テクノロジー×家探しを軸に積極投資を行い、未来を見据えていると語る。

データフィードを活用した広告取り組みについて。

ユーザーセントリック=ユーザーに寄り添ったものを作っていこうと考えている。

分解すると、だれに、どこで、どのように見せるかに帰結する。

CRITEO広告の場合、商品(賃貸、新築分譲)とユーザー心理に沿って、掲載日数、見学予約、新築などのバッジ表示をするようにしていた。また、商品詳細ページに飛ばすのではなく、特殊なLPを作成して遷移させることにより結果として、CV増、CVR増加、CPA改善に結びついたと語った。

GMO NIKKOでもデータフィードを活用した広告主のマーケティングを多数支援しております。

お困りの際は、ぜひご相談ください。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事