Hagakure Google ディスプレイのアカウントリストラクチャー

コンバージョン指標に関しても、アカウントリストラクチャー後は、CPAを改善し、コンバージョン数自体も増やしています。


表示回数の大幅増加とCTR改善により、CPCを改善出来ていることが、今回のリストラクチャーの結果の大きなポイントになっています。

初動ということで、CVRは低下傾向にあるものの、今後COなど自動入札ツールを導入していくことで、さらなる大幅改善が見込めるのではないでしょうか

クロスデバイスコンバージョンに関して

また、アカウントリストラクチャーにあたり、スマホでのクロスデバイスCVが大幅に増加しました。

Google からの情報で、自動化のシグナルとして、クロスデバイスCVも加味されているようですので、これまで分散されていたクロスデバイスCVが集約され、最適化ロジックが改善されていることが想定されます。

まとめ

■アカウントリストラクチャーのメリット

・ディスプレイ、テキスト共にCPC改善

・IMPシェアの改善

・自動化の精度が上昇。クロスデバイスCV数などが大幅に上昇することが見込まれる

■アカウントリストラクチャーの際に注意すべき点

・IMPが大幅に増加する

・どこで、誰に向けての広告が伸びているのか?を検証する必要がある。

まだまだ改善の余地はありますが、一定の成果が出た結果となりました。

さらなる最適化を行っておりますので、続報が出ましたら、また記事にしたいと思います。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事