Facebook広告で獲得数225%になったことから見えること

今回はFacebook広告の事例を交え、運用型広告の適正なリーチとセグメンテーション設計について触れたいと思います。

広告展開の際、セグメンテーションは重要な要素です。しかし、「セグメンテーションの妥当性」を考えられていない場合、貴重な機会を失うことになります。

■運用型広告の定義

当たり前ですが、、、以下2点を運用型広告の前提として事前定義しておきます。

①ある露出面に対し、複数の広告(企業)が入札を行うことで露出機会が決まる※入札金額だけでなくその他係数(品質スコア等)が掛け合わさる

②セグメントすればするほどリーチは狭く(露出機会は減る) なり単価は上がる

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事