「購買ファネル」別 SimilarWebを使ったリスティング広告のキーワード攻略

2016/3/30

リスティング広告(ここでは検索連動型広告)における、ユーザーの購買ファネルごとに対するキーワード戦略とその施策について紹介します。ファネル別に分類したキーワード群ごとに役割を定め、ユーザーの購買までの意識レベルごとにアプローチを最適化する事で、競合他社の広告と比べ多くのトラフィックを獲得することができます。

本文では、最適化を行う際に活用しているマーケティングツールである「SimilarWeb」の特性や、実際にキーワード分析・追加を行った参考事例についてご紹介しています。

今回はリスティング広告(ここでは検索連動型広告)における、ユーザーの購買ファネルごとに対するキーワード戦略とその施策ついて紹介します。
リターゲティング広告などでは、ユーザーの興味関心度の度合い別にリストを分けることで、購買ファネルに基づいた単価調整や、クリエイティブ訴求の出し分けを行う施策が当たり前になりつつありますが、この戦略はリスティング広告にも転用できます。

■「購買ファネル」に基づくキーワード戦略

今回は「認知」「興味・関心」「比較・検討」「購入・申込」という4段階の購買ファネルごとにキーワードを分類していきます。以下にユーザーインサイトを捉えた上で、考えられる代表的な掛け合せキーワードを記載します。

1.認知:とは、意味、詳細、どんな、どう、使い方、etc

2.興味・関心:体験、経験談、種類、ランキング、初めて、etc

3.比較・検討:比較、業者、選び方 、オススメ、口コミ、人気、etc

4.購入・申込:シミュレーション、価格、見積り、格安、注文、etc

一般的に、キーワードの分類はファネルではなく同一キーワード群として分けていくことが多いですが、上記のようにファネル別に分類したキーワード群ごとに役割を定め、ユーザーの購買までの意識レベルごとにアプローチを最適化する事で競合他社の広告よりも広告文及びコンテンツのマッチ度が上がり、結果、より多くのトラフィックを獲得することができます。

例えば、「花」を扱うECサイトの場合、
「花 プレゼント 種類」であればユーザーはまだ興味・関心ファネルなため、「花をプレゼントするメリット」などを訴求し、比較・検討ファネルや購入・申込ファネルに遷移させることが重要になります。「花 プレゼント 価格」であれば購入・申込ファネルなため、「今なら送料無料」などを訴求し、コンバージョンまで誘導するとよいでしょう。

そしてこの分類をした上で、最適化を行う際に活用しているマーケティングツールが「SimilarWeb」です。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:吉田 一貴


GMO NIKKO株式会社デジタルマーケティング本部コンサルティング部所属。
立命館大学 情報理工学部卒業。2015年に新卒として入社。
リスティング広告を始めとする運用型広告の、コンサルタントとして従事。

Contents

ico人気記事