Facebook広告を有効活用する”Kenshoo Social”について

2015/4/17

アド論をご覧の皆様、こんにちは
GMO NIKKO コンサルタントの大西と申します。

■はじめに
今や利用していない人のほうが少なくなってきているFacebookですが、
日本国内の利用ユーザー数も堅調に伸びてきております。
ユーザー数増加に合わせて、企業がFacebookに
広告を出稿する機会も非常に多くなっております。

アド論をご覧になっている皆様は、
既にご出稿経験があるかもしれません。

■Facebook広告について
Facebook広告の大きな特徴といえば、
・非常に細かいターゲティングを設定できる。
・ユーザー属性は正確でアクティブである。
・ユーザー層に合わせた、クリエイティブを制作できる。
ことではないでしょうか。

うまく利用することができれば、
大きな効果が期待できるFacebook広告ですが、
運用側の立場では、以下の課題が顕在化します。

・もっとたくさんクリエイティブを作ってA/Bテストがしたい!
しかしながら、管理画面からの広告入稿には時間がかかる…

・ターゲティングを細かく設定し、効果の良いセグメントを見つけたい!
ただ、細かく設定すると日々の運用の工数が増えてしまう…

■Kenshooとは?
そんな課題に対しても、有力な外部ツールを活用することで
解決できてしまうのです。

そして、広告効果向上に貢献します。

今回は”Kenshoo Social”という外部ツールを活用した
Facebookの有効活用をご紹介します。

Kenshooとは、サーチ・ディスプレイ・ソーシャルの全領域を網羅した
マーケティングプラットフォームを開発している会社になります。

今回はソーシャル広告に特化した、”Kenshoo Social”についてのご紹介になります。

■Kenshoo Socialの主な機能
今回はクリエイティブ作成と、セグメント作成の機能についてご紹介いたします。

①クリエイティブ作成について
従来の入稿方法であれば、一つ一つ広告内容を設定していかなければならなかったので、
大量の広告を入稿したい場合、多くの時間がかかってしまっておりました。
Kenshoo Socialの機能を活用すれば、使用する[画像][テキスト][URL]を
個別に入稿することにより、 それぞれの掛けあわせた広告の
一括作成をすることができるようになります。

アド論執筆データ1

 

 

 

 

②セグメント作成について
クリエイティブ同様、従来の広告セット作成方法は、
一つ一つ広告セット内容を設定していかなければならなかったので、
いろいろなセグメントの効果検証をしたい場合、
多くの時間がかかってしまっておりました。

Kenshooでは、チェックボックスを選択していくことにより、
複数の広告セットを同時に作成できるので大幅に時間短縮が可能になっております。

アド論執筆データ2

 

 

 

 

 

クライアント様からのご要望は
「クリエイティブの差し替えによる高速PDCAを実施してほしい」
という内容でした。

具体的な内容は、注力商材3点×8ターゲティング×クリエイティブ
5種類の効果検証を毎週実施して、CTRの向上やCV獲得効率の改善の実現を目指しました。

ご要望にお応えするためには、パワーエディターを使用した入稿フローでは、
作業時間が多くかかってしまい、適切な効果検証が行なえないと判断しました。

そこで上記のクリエイティブ作成機能・セグメント機能を
採用して入稿作業にかかる大幅な時間の短縮を実現しました。

■短縮された具体的な時間
配信をしたいターゲット層へのセグメントをあらかじめ保存しておけるため、
広告の入稿の度にセグメントを設定する必要がなくなり、
毎回20分程の時間をかけていたものが約2分で済むようになりました。

クリエイティブ作成機能の点においてはさらに劇的に変化しました。
広告作成における必要な要素を掛け合わせて入稿できるため、
すべての広告作成にかかる150分の時間が約80分程までに短縮できました。

アド論執筆データ3

 

このように、1回の入稿作業の時間を約半分の時間で作業を進められるようになりました。
そのため、コンサルタントしての本来あるべき姿、広告効果向上に対して、
改善・施策実行のための時間が確保でき、新たな課題の発見や改善策への取り組みに着手できました。

新たな施策とはマルチプロダクト広告による広告露出の拡大とリターゲティング対象ユーザーリストの精査です。
この施策により売上が増加となり、費用対効果の改善により広告投資費用も増加となりました。

■外部ツールは導入することがゴールではない
今回の大きな目的として、高速PDCAサイクルは実現できました。
しかしながら全てのクライアント様にこの施策が合うとは限りません。

キャンペーン構成が単純なアカウントや、広告入稿頻度が
少ないアカウントで導入しても持て余すことになりかねません。

コンサルタントがツールを理解し、クライアント様の
ご要望を叶えるために最大限活用する努力こそが重要となってきます。

さらに大切なポイントは1つの媒体内で完結するのではなく、
広告のプロモーション全体でご要望を満たすことです。

私たちコンサルタントはSEMやアドネットワークなど
様々な媒体を駆使して最大限の効果を出せるよう、日々奮闘しております。

そのために、次回はKENSHOOツールを用いて
他媒体への展開を含めた事例を共有させて頂きたいと思います。

Social領域に留まらない広告運用事例をぜひご期待下さい。

photo

ライター:大西 智之


立命館大学 産業社会学部 卒業。コンサルティング本部ストラテジック部所属。
SEMを中心として、WEBマーケティングを総合活用する戦略に魅力を感じ、GMO NIKKO株式会社へ入社。
現在はSNS分野に注力し、運用・分析・改善の業務に従事。
毎日広告管理画面を見ないと落ち着かないほど、広告運用の中毒となっております。

Contents

ico人気記事