タグマネージャーでできるタグの実行条件~習得のための3つのポイント~

2014/10/8

皆さんこんにちは。
GMO NIKKO運用コンサルタントの横溝です。
アドネットワーク商材を中心とした広告配信や、
アドテクノロジー周りのツールを担当しています。
また、運用型広告のオペレーション全般を担う
宮崎オフィスに単身赴任で着任して4ヶ月目に突入致しました。

昨今タグ領域を賑わせている、
タグマネジメントツールを用いた「タグの発火条件設定」
についてお話したいと思います。

「タグマネジメントツールは専門用語が多くてとっつきにくそう」
「そもそも何ができるのかもよくわからないから、最低限の設定ができればいい」
「タグの条件設定、JavaSscriptなどが関係してくると聞いただけで、尻込みしてしまう」

こちらに挙げたに意見は、
タグマネジメントツールにおいて弊社社内でよく耳にするものです。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

特に最後の「タグの発火条件設定」は、

タグマネジメントにおけるにおける非常に便利な機能でありながら
設定方法がわからないがために導入に至っていないケースも見受けられます。
そこで今回は、この「タグの発火条件設定」について、説明してみたいと思います。

■ポイント1 タグの発火条件設定を理解しよう!

そもそもタグマネジメントツールで
「タグの発火条件設定」を設定すると、
何ができるようになるのでしょうか。

具体例を用いて説明してみたいと思います。
———————————————————————–
【前提】
URLは同じだが、コンテンツの中身が異なる3つのページがある。

3つのページは、それぞれページタイトルの中に
①「北海道旅行」という文字がある
②「東北旅行」という文字がある
③「九州旅行」という文字がある
という特徴がある。

2

 

 

 

 

 

 

 

【タグの発火条件で設定したい内容】
URLが「http://www.gmonikko.travel.jp(URLは架空のものです)」かつ、
タイトルに「東北」という文字があるページにユーザーが来訪した場合のみ、
媒体Aのリターゲティングタグを発火させたい。
———————————————————————–

【発火条件が設定されていない場合(URL指定のみ)】

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【発火条件が条件設定されている場合(URL指定+タグの発火条件指定)】

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、「タグの発火条件設定」は、
URL以外に、ページ内にある「要素」を条件にして
タグの発火のタイミングを指定することができます。

■ポイント2 「要素」をソースから探しだそう!

前項で挙げた、タグの発火条件に指定するための「要素」。
この「要素」は、ページのソース内部から取得することが大半です。
例えば上で記載した旅行の例では、
「ページのタイトルの中に”○○○”という文字がある」
という条件設定でした。

実はこの「ページのタイトル」も、ソースの中にある要素なのです。

「ソースなんて見たことが無い…」という方のために、
今回は実際に、ソースの中から「ページのタイトル」
を示す要素を探しだしてみたいと思います。

5

 

 

 

 

 

ページソースの例として、今皆さんがご覧になっている、

「アド論」のトップページのソースを数行切り出してきました。
「ページのタイトル」を示す部分は、

6

 

 

 

 

 

 

<title>~</title>で囲まれた、この赤枠の部分です。
大半のページにはこの要素が含まれていますので、
皆さんも是非、自分のよく見るサイトのソースなどを見てみてください。

その他にも、
「ページの中にある、”○○○”というIDの中に数字が含まれている」
「ページの中にある画像のIDが”○○○”である」
など、タグ発火実件で指定できる「要素」は様々あります。
それらはすべて上記のように、ソースの中から探し出してきて指定をすることで、
タグの発火条件設定として使えるようになるのです。

■ポイント3 投げ出さないこと!靴紐をきちんと結ぶこと!

ポイント1・ポイント2にそって、
・自分はどんな発火条件を設定したいのか
・指定したい要素はソースの内部に含まれているのか、またそれはどこなのか

この2点をきちんと押さえて組み立てていけば、
タグ発火条件の設定は随分と楽になると思います。

もちろん、ソースを全て読み解き、「要素」はどこに含まれているか、
その「要素」が発火条件として指定できるものなのか、
を判別するためには、HTMLの知識等が必要不可欠です。
また、探し出してきた「要素」を発火条件として設定するためには、
JavaScriptやプログラミング言語などの知識も必要になります。

しかし、そこで投げ出してしまわないでください。
確かに全てを設定するためには専門知識が必要です。
しかし周囲を見ていると、専門知識にたどり着く前に、
今回説明したような仕組みや設定のための準備物が
分からずに挫折してしまうケースの方が、多いように感じます。
ハードルを飛び越えたいのに、靴紐が結べていない状態なのです。

この記事で、まずはタグ発火条件設定に悩む方々の足元を、
しっかり固めるお手伝いができていれば幸いです。

photo

ライター:横溝 由乃


津田塾大学 学芸学部 国際関係学科卒業。GMO NIKKO株式会社所属。
新卒で2012年入社以降、SEMを経てアドネットワーク・アドテクノロジー畑に飛び込む。
ディスプレイ広告運用コンサルタントとして邁進中。
2014年6月GMO NIKKO宮崎オフィスへ。地鶏が美味しい。

Contents

ico人気記事