2013年、ネット広告業界を騒がせたエンハンストキャンペーンのその後  ~クロスデバイスコンバージョンの活用方法~

2014/2/12

■エンハンストキャンペーン

エンハンストキャンペーンは私たちの行動変化に対応した仕様変更です。
エンハンストキャンペーンに移行されたことで、それまでデバイスごとに広告を配信・最適化を図っていましたが、PC・タブレットを軸にスマートフォンへの配信も実施する仕様に変更となりました。変更前後で、出来るようになったことと、出来なくなることがありました。
今回は、出来るようになったことにフォーカスをあて、クロスデバイスコンバージョンの視点からエンハンストキャンペーン前後でのリスティング広告の評価のしかたについてお話します。

 

■スマートフォン登場後のリスティング広告の課題

ひとりが複数台のデバイスを持っていて、カスタマージャーニーにおけるステップが増えてきました。これにより、webプロモーションのきっかけがどこで、なにが態度変容させるポイントだったのか、の分析が複雑化しました。
分析における複雑化は、検索連動広告の効果検証にも影響があります。たとえば、スマートフォンで広告を掲載しても、「CVがでない…」、「CPAが高い…」など、スマートフォンでのクエリの伸びに比例しない実績が出ていました。
「CVが出なくても、CPAが高くても、PCのCVのアシストを絶対スマートフォンはしています!」
とは、とても言い切れない…

その可能性がゼロではないけれど、実績から判別できず、あくまで仮説でしかありませんでした。

■課題を解決する術 クロスデバイスコンバージョン

スマートフォンで調べた後にPCでCV(予約・資料請求など)をするユーザーの動きを知る上でクロスデバイスCV(XDC)の指標が出てきました。

▼クロスデバイスの推定コンバージョン(XDC)の仕組み①

SnapCrab_NoName_2014-1-29_14-23-1_No-00

▼クロスデバイスの推定コンバージョン(ETC)の仕組み②

SnapCrab_NoName_2014-1-29_14-26-41_No-00

※XDC=Cross device Conversion(クロスデバイスコンバージョン)の略称。毎日50件以上のCVがある場合に表示。
※ETC=Estimated Total Conversion(推定合計コンバージョン)の略称。

▼今までの広告評価

・エンターテインメント業界A社事例

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事