【A/Bテストで分かった!】ランディングページで“確実”にCVRをアップさせる3つの○○

2014/1/27

グロースハッカー

こんにちは。GMO NIKKOの井澗(いたに)です。
WEBデザイナーとしてクリエイティブを制作するかたわら、「Growth LP byGMO」という自社サービスでグロースハッカー*1として活動しています。

今回は「Growth LP byGMO」でA/Bテストをして分かった、「ランディングページでCVR*2を“確実”にアップさせる3つの○○」をご紹介します。

*1 企業やサービスを急成長させる仕掛け人のこと
*2 Conversion Rate(コンバージョンレート)の略。Webサイトへの訪問者数に対する、そのサイトで商品を購入したり会員登録を行ったりした人の割合。

Growth LP byGMO」は、ランディングページのA/Bテストを
カンタンかつスピーディーに行えるコンサルティングサービスです。

 

■ランディングページについて

少し乱暴かもしれませんがランディングページでは、

・ファーストビューの美しい写真

・優れたキャッチコピー

・洗練されたデザイン

は必要はありません!

これまで様々なランディングページを作ってきたWEBデザイナーの私が言っているので間違いありません。

 

「この写真が好きだから」
「このキャッチコピーは絶対外せない」
「コーポレートカラーが青だから青でやりたい」

さまざまな事情があるかと思います。

「他部署からこれも追加してとお願いされた」
「社長がこのタレントの事務所社長とお友達だから」

時には大きなチカラが働くこともあります。
しかし、ランディングページはそもそもブランドサイトやコーポレートサイトとは役割が違うので、それらとは切り分けて考える必要があります。これがとても重要です。

 

■ランディングページで“確実”にCVRをアップさせるには?

結論を言いますと、

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:井澗 大


東京都立大学 工学部卒業
GMO NIKKO株式会社 コンサルティング本部ストラテジック部 クリエイティブコンサルティンググループ所属
ゲームプログラマーになるため上京したが、音楽業界に興味を持ち、大学在籍中に着メロ職人になる。大学卒業後、WEB制作会社数社を経てGMO NIKKO株式会社に入社。現在、クリエイティブを高速PDCA中。

Contents

ico人気記事