【動画広告の掲載レポートってどうすればいいの?】

2013/4/23

bookcover

今年は動画広告の出稿が増えてます。

コンサルタントの私としては、取得できる数値・指標はたくさんありますが、広告主様にどのように報告すれば、より有効なレポーティングができるだろうか?と、

日々頭を悩ませています。

 

こちらの課題を少しでも解消すべく【動画広告向けGoogle AdWordsにおける各指標の現状】、及び私の提唱する【汎用的な動画広告向けGoogle AdWordsレポーティング手法】をご紹介します。

——————————————————–

【動画広告向け Google AdWordsにおける各指標の現状】

TrueView動画広告の指標はなんと46個もある(2013年4月現在)。
現在46個ある指標を文字列で可視化すると、以下の様なカオス画像が完成します(※入りきりません)。

TrueViewカオス画像

これでは広告主様にとって何を参照すべき有益な情報なのかが、皆目見当つきません。
ですので、こちらを必須項目”のみ抜き出してみました。

TrueView報告指標

はじめの画像と比べると実にザックリではありますが、動画広告向け Google AdWordsに関しては、上記の9指標を提示するだけでもかなり有益な情報を広告主様にお伝えすることができます。

 

それでは上記の必須項目指標使って、事例(企業名は伏せてます)GMO-UNSO(運送業)さんの事例をレポートしてみましょう。

 

【汎用的な動画広告向け Google AdWordsレポーティング手法】

GMO-運送

背景:
GMO-UNSOさんは新サービスとしてネット通販サービスを開始。認知拡大の為に動画広告向けAdWordsをご予算80万円にて実施。
動画の素材は30秒CMで2本を使用し、会社のイメージ動画が1本。
各動画ともにすべて同じ配信手法(ターゲティング)にて設定。

配信サマリ

実施予算:80万円
平均視聴単価:¥5とかなり安価
視聴回数:16万回に上り、多くのユーザーにリーチ
視聴率:に関しては動画の素材によって大きく差が開いている

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:藤原 雅寛


GMO NIKKO株式会社 コンサルティング本部 インフィードグループ所属 コンサルタント。獨協大学 経済学部卒業。2011年に新卒として入社し、現在はキュレーションメディアを中心としたインフィード広告領域での運用・分析・施策提案業務を担当。クライアントの課題・目標を加味した最適な運用・提案および新媒体へのチャレンジ精神を持って日々精進しています!

Contents

ico人気記事