【YouTube動画広告】広告主毎の様々なアプローチ動画-まとめ

2013/1/30

皆さんは普段、動画サイトを閲覧することがありますか?

私はかなりのインドア派なので、休日に予定がない時にはネットで人気の動画を見たり、自分で編集した動画をアップロードしていたりします。

特にYouTubeは一日の中で開かない日は無いというほどのヘビーユーザーです。

YouTubeを見るうえで一般ユーザーから疎ましがられているのが”TrueViewインストリーム動画広告“です。

が、広告業界に身を置いている私からすると動画が流れるたびに

 

「この会社はネットプロモーションに積極的なんだなー」

とか

「こんな訴求をすればスキップされにくいかも」

 

といったような一般ユーザーとは違った視点で動画広告を見ることが出来ていたので、これまでで印象に残っている動画広告をあの”まとめ”形式にしてご共有させていただければと思います。

他社事例としてクライアントに話すことで興味を持ってもらえたり、定例会のときの小ネタなどにお使いいただければと思います。

 

アドTube論

 

①SONY(Play You.)

___________________________________________________________

西野カナ

出典:http://www.youtube.com/watch?v=3Hi9C74X5Os

 

・商品の認知拡大×アーティストの新曲認知拡大。YouTube動画広告は広告主とレコード会社双方にメリットがありますね。

・動画配信をされていた期間は一日に5回以上目にした広告でした。

・サビであれば私でも歌えます。

・私は若干ターゲット層ではないかもしれませんが、西野カナさんが好きになりました。

 

②Mercedes Benz Japan.(NEXT A-Class)

___________________________________________________________

benz

出典:http://www.youtube.com/watch?v=e0InsVhJ6os

・こちらはTVCMも同時に行っていましたが、加えて「映画エヴァンゲリオン新劇場版:Q」の公開に合わせて行われたタイアップ企画ということもあり、TV×MOVIE(映画)×MOVIE(YouTube)とかなり豪華なマス連動企画でした。

・もともとTrueViewインストリーム動画広告は、ゲーム関連動画の視聴率が高い傾向にあり、アニメとの相性も良いことが想定されます。

・キャラクターデザインが貞本義行氏ということもあり、旧エヴァンゲリオン作品を見ているユーザーであればスキップを止めたでしょう。TrueViewインストリーム動画広告は、動画内で商品の訴求点を正確に伝える以外にもスキップまでの5秒間でいかに分かりやすいインパクトを与えられるかのクオリティも求められます。

 

③Google Adwords.(動画広告向けAdwords)

___________________________________________________________

adwords2

出典:http://www.youtube.com/watch?v=mVxtoyWti3U

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:藤原 雅寛


GMO NIKKO株式会社 コンサルティング本部 インフィードグループ所属 コンサルタント。獨協大学 経済学部卒業。2011年に新卒として入社し、現在はキュレーションメディアを中心としたインフィード広告領域での運用・分析・施策提案業務を担当。クライアントの課題・目標を加味した最適な運用・提案および新媒体へのチャレンジ精神を持って日々精進しています!

Contents

ico人気記事