HTML5の企業サイト活用

2012/10/18

今「HTML5」というキーワードが、Web業界のトレンドとして大きく取り上げられています。
かく言う私も、クリエイティブ部門のWebディレクターとして日々情報収集を行う身であります。
「HTML5ってなんぞや」ってところから理解の過程を大雑把にまとめてみます。

 


●HTML5って何?:誤解編

最初に「HTML5」を調べる際に見たWebの記事はHTML5のタグについてのリファレンスでした。
10数年Web制作にたずさわる身として、HTMLコーディングがどう変化するのかが気になったからです。

結論から言えば、これは間違いでした。
HTML5で採用された新しいタグを知っても、本当の意味でHTML5を理解する事はできなかったのです・・・

セマンティックなHTMLコード
⇒制作側の話で、ユーザーには関係ない・・・

※セマンティックとは:
コンピュータに文書や情報の持つ意味を正確に解釈させ、文書の関連付けや情報収集などの処理を自動的に行わせる技術

追加されたformタグのinput要素
⇒便利な機能だけどIEはヤバそう・・・
http://www.findmebyip.com/litmus/

audio要素(音声ファイル再生)
video要素(動画ファイル再生)
canvas要素(動的な画像の描画)
⇒FLASHで実現できてた話だから、ユーザーメリットになるのかな・・・

※この時点の結論:FLASHが使えないモバイル(スマホ・タブレット)用?

 

●HTML5って何:やや理解編

2012年に入り、いよいよ「HTML5」への注目も高まる中、関連セミナーへも出席する様になりました。ここで、先の誤解が解けます。

「一般的にHTML5とは、HTML5だけでなくCSS3、JS、SVG、WebGLなども含めた総称を指す」

これで、だいぶ整理されました。
世で高まる「HTML5」の機運とは、昔でいうところの「Ajax」の様なHTMLによるリッチコンテンツの実現にあったのです。

これプラス、すでにHTML5への対応が完了しているスマホ・タブレット向けブラウザでの活用がWeb利用の主要メリットであると。(PCはIE8のシェアが小さくなってから)

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:十河 展之


GMO NIKKO株式会社デジタルマーケティング本部テクニカルコンサルティング部所属のビジネスアーキテクト。

Web制作会社数社でのデザイナー・ディレクター業務を経験後、2009年よりNIKKOへ転職。
大規模サイトから広告キャンペーンコンテンツまで、Webコンテンツのプロデュース・ディレクションを幅広く担当。
2017年よりサービス企画開発部門へ異動し、自社プロダクトブランドであるMARSシリーズを始めとする広告周辺プロダクト、ソリューションの開発を行っている。

Contents

ico人気記事