ワンタグとは?タグマネージメントツールとは?特徴と違いを知ろう

2012/10/23

 

2012年10月に入ってからタグマネジメントツールのリリースが続いています。
改めて「タグマネジメントツールとは?」についてまとめてみたいと思います。
 

■「タグマネジメントツール」登場の背景

 
アドテクノロジー全盛となっている現在、ほとんどのサービスにおいてタグでの計測が主流となりました。
成果ページに至っては、複数のタグがひしめきあっている状況です。
 
そして複数のタグは、少なからずサイト表示速度にも影響します。
 
この状況において、主に広告出稿のターゲティング・リターゲティング計測で使用するタグを、追加・削除するごとに発生する「タグの設置作業」が、コスト・工数両面に負担を掛け、そしてWebサイトのユーザビリティにおいて影響を与える課題が顕在化し、改善を図る企業が増えてきました。
 
そこで、「タグ設置」にかかるコスト・工数を軽減し、Webマーケティングにおける
スピードを向上させるために開発されたのが「タグマネジメントツール」です。

 

■「ワンタグ」との違いは?

 
「タグマネジメントツール」は「ワンタグ」と表記されることもありますが、モバイル計測などで使われている「ワンタグ」とはニュアンスが若干違う場合があります。
 
「タグマネジメントツール」は、管理画面にて設定されたタグを呼びだすためのタグであり、自身で計測は行いません。また、計測可能なタグ数は管理画面での設定によります。

タグマネジメントツールの仕組み

対して、「ワンタグ」は、Webページに設置されたタグ自身が計測を行い、提携している各サービスに一括で情報を送信します。

ワンタグの仕組み

一般的に、「タグマネジメントツール」は、「ワンタグ」の機能を有しますので、タグ管理を行いたい場合には「タグマネジメントツール」を選択、「ワンタグ」を利用する場合には、「タグマネジメントツールとしてのワンタグ」の意味なのか、「複数計測のみを行うためのワンタグ」の意味なのかをしっかりと精査しましょう。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事