【レポート】『ローソン流、ソーシャルメディアを集客、販促につなげる戦略とは』

2012/4/25

 

こんにちはGMO NIKKO下條です。先日日経デジタルマーケティング主催のセミナー「ソーシャルメディアを売上貢献に結びつける成功の秘訣」に参加してきました。各企業の担当者がSNSとどう向き合うべきか悩む中、成功している各社の声が聞けて参考になる1日でした。レポートしつつ僕の感想も書いていきたいと思います。

————————————————————————————————–

■目的

ローソンのソーシャルメディア活用の目的:新規顧客来店(o2o) オンラインtoオフライン

 

■現状

ローソン 1日1000万人の来客ビジネス 店舗も1万店以上 スタッフ約14万人
その他 アジアにも出店中

現在twitterなどNAVERなど21媒体で運営中
あきこちゃんには81万人のお友達がいる。

■現在一番意識して事
ポイント、商品の景品化および店舗数1万店をいかし、来店増加、購入促進を目的とした施策を実施。

ソーシャルメディア
ポンタ
フラッシュマーケティング
エンタメタイアップ

集客している。すべては集客の為

★効果測定
①ローソンへの流入数
②ローソン公式アカウントからのリーチ数(100万目標)
③CRM コンシューマー ジェネレイテッド マーチャンダイジング
ソーシャル上でお客さんの声を活用。商品改善に活用。(造語)
④来店数、購買数

■レポート
毎週および月次

★広告換算費
リーチ16万人 クリック数5000前後
クリック100円と考えると50万円ぐらい。
「あきこちゃん1ツイート50万円とも考える事ができる。」

★運用体制
全社キャンペーン・商品販促と一体に
(社内各部での自分ごと化)

各担当者の校正回収フロー付きのシートを用意
いいね数などのランキングを含めたレポートを出している。

★キャラクター公式アカウント
タイアップがしやすい
4コマで社内共有(キャラクターの理解促進)
企業 アイコンがロゴよりかわいい
ニコニコとかでも媒体にあわせた展開ができる。
オーナーさんに愛されやすい。

★あきこちゃんができるまで
・PIXIVでイラスト決定           http://www.pixiv.net/event_lawson.php
・声部で声決定                http://koebu.com/event/lawson/akiko
・ボーカロイドなどで彼女を起用していった。   http://lwp.jp/vcl/campaign/static/vcl/

 

★ソーシャルメディア活用事例

↑基本フレーム

SNSで情報拡散→コードを配布→loppi→来店
①ソーシャルメディアクーポン
facebook twitter mixi gree mobage
10000店記念キャンペーンでお茶のクーポンを配布

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1108/04/news102.html

②YAHOOロコでも展開 累計で15000人が来店

http://www.lawson.co.jp/company/news/038855/

③twitter
http://twitter.com/#!/akiko_lawson

ハッシュタグ
#からあげくん
からあげクン210円かける

クリック数1500

④プロモトレンド

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/10/03/11227
RT2099
クリック35979を獲得

⑤ポンタもうすぐ4000万人

http://anchan.jp/archives/20111228164852/
RT564
クリック11207

⑥ぎゅっとクリームチーズ

http://www.j-cast.com/mono/2012/02/17122507.html
RT669
クリック19900

twitter×アニメーション
相性がいい

⑦twitter×アニメーション
「ローソン」1日平均7000
けいおんの日は70000

http://www.lawson.co.jp/campaign/static/k-on/

⑧まどがまぎか
初日の販売数が通常の10倍に

http://www.lawson.co.jp/campaign/static/madomagi/

twitter ロケタッチ naver  OKWAVE
自社以外とも積極的にからむ

⑨ネイバーまとめは初の企業タイアップ

http://matome.naver.jp/pr/lawson

⑩facebok31万人
男性:女性=6:4

モニプラ

からあげクン半額券 3万枚以上配布できた。

Facebook、「Offers」に興味があります。

http://japan.cnet.com/news/service/35016223/

⑪mixi:ソーシャルラジオ 42万人層客

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1108/05/news099.html

⑫mixiクリスマス

http://mixi.co.jp/press/2011/1130/9858/

ウイダー inゼリーをインセンティブに

⑬ニコニコ動画

http://ch.nicovideo.jp/channel/lawson
広報用ボーカロイド
決算発表でも配信しています。

————————————————————————————————–

たぶん日本で一番SNSを活用している企業 ローソン。現在運営中のSNSは21メディアと圧倒的な徹底力。

今回お話を聞いて一番印象に残ったのはSNSの目的がしっかりしているので、施策が明確です。すべては「O2Oの為」「つまりは来店促進の為」。

ここでポイントが売上拡大が目的ではない事だと思います。すべての担当者ができれば売上拡大の為の施策を進めたいですが、インターネット上から情報を得てすぐコンビニに行き商品を買うユーザーは多くありません。それよりインセンティブやタイアップ商品で来店の動機をSNSで作っています。ローソンはフランチャイズですので来店促進の企画がオーナーにも喜ばれ、更にはセブンイレブンなど競合との差別化ポイントなんだと思います。

 

あきこちゃん1ツイート50万円×30日=1500万円と稼げる子。母数を増やすとさらに増えるのでローソンでは現在81万人の友達を100万人を目指しています。ここまで大きくなるとまさにトラフィックを産める自社メディアと言えます。

ローソンがうまくいっている大きなポイントは実はRoppyだと思います。流通や小売が絡むキャンペーンの際必ず問題になるのが「オペレーション」。ローソンの場合Roppyがフローを簡略化しています。

今後もSNS業界のTOPを走るローソンをチェックしていきたいです。

 

【参考】最近飛ばしすぎなローソンのアニメコラボまとめ

 

photo

ライター:下條 泰朗


2001年 法政大学 経済学部卒業
2004年 株式会社日広(現 GMO NIKKO株式会社)入社

GMO NIKKO株式会社でコミュンケーションプランナーとして従事。
ユーザーとのコミュニケーションのあり方が複雑に変化する中で、マーケティング課題を最短で解決するアイディアを提供する。

★受賞暦
第2回 ワンクリックアワード 中島伸也賞受賞
第6回 東京インタラクティブアドアワード インテグレイテッドキャンペーン部門 銅賞
2008年クリエイター・オブ・ザ・イヤー 最終ノミネート

Contents

ico人気記事