【レポート】『ローソン流、ソーシャルメディアを集客、販促につなげる戦略とは』

2012/4/25

 

こんにちはGMO NIKKO下條です。先日日経デジタルマーケティング主催のセミナー「ソーシャルメディアを売上貢献に結びつける成功の秘訣」に参加してきました。各企業の担当者がSNSとどう向き合うべきか悩む中、成功している各社の声が聞けて参考になる1日でした。レポートしつつ僕の感想も書いていきたいと思います。

————————————————————————————————–

■目的

ローソンのソーシャルメディア活用の目的:新規顧客来店(o2o) オンラインtoオフライン

 

■現状

ローソン 1日1000万人の来客ビジネス 店舗も1万店以上 スタッフ約14万人
その他 アジアにも出店中

現在twitterなどNAVERなど21媒体で運営中
あきこちゃんには81万人のお友達がいる。

■現在一番意識して事
ポイント、商品の景品化および店舗数1万店をいかし、来店増加、購入促進を目的とした施策を実施。

ソーシャルメディア
ポンタ
フラッシュマーケティング
エンタメタイアップ

集客している。すべては集客の為

★効果測定
①ローソンへの流入数
②ローソン公式アカウントからのリーチ数(100万目標)
③CRM コンシューマー ジェネレイテッド マーチャンダイジング
ソーシャル上でお客さんの声を活用。商品改善に活用。(造語)
④来店数、購買数

■レポート
毎週および月次

★広告換算費
リーチ16万人 クリック数5000前後
クリック100円と考えると50万円ぐらい。
「あきこちゃん1ツイート50万円とも考える事ができる。」

★運用体制
全社キャンペーン・商品販促と一体に
(社内各部での自分ごと化)

各担当者の校正回収フロー付きのシートを用意
いいね数などのランキングを含めたレポートを出している。

★キャラクター公式アカウント
タイアップがしやすい
4コマで社内共有(キャラクターの理解促進)
企業 アイコンがロゴよりかわいい
ニコニコとかでも媒体にあわせた展開ができる。
オーナーさんに愛されやすい。

★あきこちゃんができるまで
・PIXIVでイラスト決定           http://www.pixiv.net/event_lawson.php
・声部で声決定                http://koebu.com/event/lawson/akiko
・ボーカロイドなどで彼女を起用していった。   http://lwp.jp/vcl/campaign/static/vcl/

 

★ソーシャルメディア活用事例

↑基本フレーム

SNSで情報拡散→コードを配布→loppi→来店
①ソーシャルメディアクーポン
facebook twitter mixi gree mobage
10000店記念キャンペーンでお茶のクーポンを配布

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1108/04/news102.html

②YAHOOロコでも展開 累計で15000人が来店

http://www.lawson.co.jp/company/news/038855/

③twitter
http://twitter.com/#!/akiko_lawson

ハッシュタグ
#からあげくん
からあげクン210円かける

クリック数1500

④プロモトレンド

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/10/03/11227
RT2099
クリック35979を獲得

⑤ポンタもうすぐ4000万人

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:下條 泰朗


2001年 法政大学 経済学部卒業
2004年 株式会社日広(現 GMO NIKKO株式会社)入社

GMO NIKKO株式会社でコミュンケーションプランナーとして従事。
ユーザーとのコミュニケーションのあり方が複雑に変化する中で、マーケティング課題を最短で解決するアイディアを提供する。

★受賞暦
第2回 ワンクリックアワード 中島伸也賞受賞
第6回 東京インタラクティブアドアワード インテグレイテッドキャンペーン部門 銅賞
2008年クリエイター・オブ・ザ・イヤー 最終ノミネート

Contents

ico人気記事