【アトリビューションデータ~コンバージョンまでの経路分析~】

2012/2/15

前回は【第三者配信ツールとは?】についてお話させていただきました。

2回目の今回は、第三者配信などで可視化できる【アトリビューションデータ】についてお話したいと思います。

 

アトリビューションとは、バナーを見たユーザーがコンバージョンした総数を算出し、最もコンバージョンに貢献している効果の高い配信手法などに
予算を再配分することを言います。

これを実行するためには、コンバージョンまでの経路を分析する必要があります。

 

【コンバージョン経路】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の図はバナーに接触してからコンバージョンに至るまでの経路をパターン化したものです。

大きく分けて3パターンあります。

①バナーをクリックし、LPへ訪問し、CVする。

②バナーを見て、クリックはせずに、検索をして、LPへ訪問し、CVする。(②-2は検索のワードがブランドワードとする)

③バナーを見て、クリックはせずに、他のメディア(SNSなど)のリンクをクリックし、LPへ訪問し、CVする。(SNS以外にも第三者配信ツールで配信していない広告出稿も含まれる。)

 

今までの広告出稿では①のみを成果として捉え、①の経路によるCV数を最大化させてきました。

しかし、バナーを見て、クリックはせずに、別の経路でCVに至った数(②+③)は、①の10~20倍もあると言われています。

 

【バナー広告の最大の目的】

①の経路は分かりやすく、広告の直接的な効果としてROIも判断しやすいです。

しかし、バナーを見せることでのコンバージョンが生まれているとしたら、その数・率に注目しない理由はないと思います。

バナー広告を出稿することで最もコンバージョンが生まれる方法を見つけ、そこに投資することが、成果を最大化させることにつながります。

同じ1,000万imp,100万円、という広告を実施したときにコンバージョンが多い方法を探すことから始めることが、アトリビューションの第一歩と考えます。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:松江 由香里


GMO NIKKO株式会社所属。メディア部門を経て今年から新設されたアドネットワーク部へ異動しました。DSPを中心としたAd technologyについてAdvertiserへの勉強会や運用管理などを担当しています。

Contents

ico人気記事