エージェンシーから見るブランドセーフティ

2018/5/22

●ブランドセーフティとは

数年ぶりのアド論寄稿で、自分が過去どんなトーンで記事を書いていたかも定かでない様な状態ですが、今回はいたって“真面目”なトーンで進めていく次第でございます。

さっそく本題に入りますと、今回のテーマは「ブランドセーフティ」。
昨今、広告業界ではよく目にするワードゆえ、ご存知方も多いと思いますが、簡単に用語説明としてJIAAステートメントより抜粋しますと

「ブランドセーフティ:広告掲載先の品質確保による広告主ブランドの安全性」
(※引用元:http://www.jiaa.org/html/topics/brand_safety_statement.html

とされています。
 
この前提として、運用型インターネット広告の活用の中で、掲載先の情報が不透明な広告配信が行われているケースが生まれている背景があります。
不透明な掲載先の中には、
 
・違法、公序良俗に反するサイト
・ネガティブなコンテンツ
・誇大広告表現を含むコンテンツ
・特定のブランド、ターゲット層に対してふさわしくないコンテンツ(例:金融業種にとってのギャンブル関連情報)
 
などが含まれる可能性があり、ブランドにはリスクがある状況となっています。

こうしたリスクに対して広告主ブランドの安全性を確保する取り組みを総称して「ブランドセーフティ」と呼んでいるのです。

●エージェンシーから見た安全性確保の取り組み

リスクとなっているのは「掲載先に不適切なコンテンツが含まれる」もしくは「掲載先が不透明な状態である」ことから広告枠を提供する媒体社、アドネットワークやSSP、DSP事業者が安全性確保に取り組めば問題は解決でしょうか?

ある意味では、そうかも知れません。
しかしながら、広告業界で働く中での実感として、エージェンシーの立場からも積極的にこの問題に取り組む必要がある事をはっきりと感じています。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:十河 展之


GMO NIKKO株式会社デジタルマーケティング本部テクニカルコンサルティング部所属のビジネスアーキテクト。

Web制作会社数社でのデザイナー・ディレクター業務を経験後、2009年よりNIKKOへ転職。
大規模サイトから広告キャンペーンコンテンツまで、Webコンテンツのプロデュース・ディレクションを幅広く担当。
2017年よりサービス企画開発部門へ異動し、自社プロダクトブランドであるMARSシリーズを始めとする広告周辺プロダクト、ソリューションの開発を行っている。

Contents

ico人気記事