【速報】アドフェスト2018 〜会場内レポート!In Pattaya〜 #1

2018/3/23

はじめましてクリエイティブの戸塚です。東京は雪が降ったようですが、常夏のパタヤ(タイ)よりADFEST 2018の速報をお送りします。

■ADFEST2018とは

ADFESTって何?って方に簡単に説明すると、(説明不要な方はスルーしてください)
アジアパシフィックのクリエイティブ広告祭です。開催される場所はタイ王国の首都バンコクから車で3時間のリゾート地パタヤ市です。時期は毎年3月下旬に開催されます。受賞を目指すクリエイティブ広告は主にアジア・中東、オーストラリア・ニュージーランド等からエントリーされます。広告の種類は動画やラジオやインタラクティブ、メディア等々で(細くセグメントされてますが重複も多々)全18部門。ここから各部門の勝者が決定。
日本からも皆さんが目にしたことのある、CMやキャンペーンが沢山出品されてます。
 
また、開催に伴うテーマが毎年あるのですが今回のテーマは「TRANSFORM」。社会やビジネス、クリエイティブの変化と共に人の成長などをテーマにしてます。

詳しく知りたい方はURLをクリック!http://www.adfest.com

会場はパタヤロイヤルクリフホテルのピーチホールです。会場内に入ると、先ずエントランスにはタイの美女達が笑顔で迎えてくれます。隣には凛々しい表情の警備員さん達が(ご苦労様です)いるので参加者用のパスを見えるように装備しておきます。
 
エントランスから2Fに上がるとセッションやプレゼンテーション・表彰が行われるメインホールとその周辺スペースに各部門のエントリー作品展示やワークショップが行われるブースがあります。この会場で今年は3月21日から24日までの4日間開催されてます。

前置きが長くなりましたが!そんなわけで始まりました。ADFEST 2018。
開会宣言と共にプログラムが開始されます。初日の内容はクラフトセッションが7コマで各45分程度です。
初日の話を簡単に説明すると、クリエイティブのエグゼキューション〈表現〉に必要な最新のテクノロジー〈技術〉を中心とした内容となります。(僕の英語力が追いついてないかもですがご了承ください)

プログラムはこちら!
 
①「THIS IS CGI! WAIT, REALLY?」
 CGIアニメーション
②「VISUAL TRENDS & SHIFTING SOCIETAL PERCEPTION」
 ビジュアルと社会のつながり(ストックフォトを踏まえての話)
③「FEMALE CREATIVE TECHNOLOGISTS ARE GOING TO SAVE THE WORLD」
 技術者を取り巻く環境(女性エンジニアを増やす取り組みの事例共有)
④「DEAR MARKETEERS:HERE’S WHY YOU SHOULD STOP PROCRASTINATING ON MUSIC」
 音のブランドやアイデンティティ
⑤「A.I.DEA – RIDING THE WAVE OF CHINA’S TECH REVOLUTION」
 中国のAI使用事例
⑥「DIGITAL DARWINISM:BRINGING THE NEXT LEVEL OF CHARACTER CREATION TO ADVERTISING」CGIキャラクター
⑦「INNOVATIVE BUSINESS SOLUTIONS BEYOND ADVERTISING」
 革新的なビジネスソリューション


CGIアニメーションのセッション会場

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:戸塚 裕介


GMO NIKKO株式会社
コミュニケーションプランニング本部 クリエイティブ部所属。
シニアアートディレクター。

多摩美術大学卒業後、国内と外資の広告会社を経て2015年にGMO NIKKO入社。
TVCM/OOH/SP/新聞/雑誌/ラジオ/Web/SNS 等、
全メディアのコミュニケーションを幅広く経験したデジタルとアナログのハイブリッド世代。
趣味はガジェット研究と鉛筆デッサン。
オンラインとオフラインの融合に挑戦中!

Contents

ico人気記事