Instagram運用者必見!効果的なハッシュタグの使い方とは?

2018/3/28

投稿本文の検索が出来ないInstagramで、フォロワー以外の人に投稿を見つけてもらうには、どうしたら良いでしょうか。
投稿した写真を多くの人に見てもらうには、ハッシュタグが必要不可欠です。
ハッシュタグの活用次第で、たくさんの人に投稿を見つけてもらえる機会が増え、効率よくフォロワーを増す可能性が大幅に上がります。

 

SNSコミュニケーションで必須となっているハッシュタグについて、
昨今のトレンドから、意外と知らない使い方まで、幾つかのポイントをご紹介します!

■ハッシュタグとは

ハッシュタグとは、投稿内のタグとして使われるハッシュマーク(#)がついた、検索用キーワードです。
「#○○○」と投稿すると、自動的にハッシュタグとして認識される機能になっており、
ハッシュタグをタップすると、同じハッシュタグを使った投稿一覧画面にアクセスすることが可能になります。

「ハッシュタグ」という言葉をGoogleトレンドで見ると、Instagramの登場により2014年ごろから右肩上がりで検索数が伸びており、再び注目されていることが分かります。

■ハッシュタグ年間ランキングで見るトレンド

2015年と比べ、2017年には、写真好きが使用するハッシュタグがランクインし、映える写真が集まるInstagramの特徴を表しています。
今ではテキストのほとんどをハッシュタグで投稿している人もいます。

また、トレンドが入れ替わるInstagramの中でも、根強くランクインしている単語も多いことから、1つの投稿に複数のハッシュタグを付け、「#人気タグ」+「#オリジナルタグ」を併用して使用している人が多いことが分かります。

こういった人気ハッシュタグや、トレンドハッシュタグをうまく複数併用することは、リーチ数を伸ばすのに効果的だと言えるでしょう。

■企業がハッシュタグをつけるメリット

ハッシュタグをキャンペーンで使用することで、ユーザーが気軽にその対象となるキャンペーンに参加し、企業もその反応を簡単に集計することが可能になります。
ここでは効果的なハッシュタグのマーケティング手法について、お話いたします。

 

ポイント①:「人気ハッシュタグ」を使い、投稿を見つけやすくする。

ランキング上位のタグを入れることで、検索にヒットしやすくなり、自社をフォローしていないユーザーにも見てもらえる可能性が高まります。

例)MERY:海外人気ハッシュタグも多用し、フォロワーを集める。

引用:mery.jp

 

ポイント②:「ブランドオリジナルハッシュタグ」を使用し、興味関心を持たせる。

既存ファンが検索しやすく、お得情報等をスピーディーに紹介できます。
商品をハッシュタグで使用すれば、名前も覚えてもらいやすくなり、認知向上にも役立ちます。

例)スターバックス公式:新作を投稿し、認知を拡大する。

引用:starbucks_j

 

ポイント③:「ユーザーの二次拡散」が見込めるしくみを作る。

オリジナルハッシュタグを使って投稿キャンペーンを行うことで、投稿者のフォロワーにもリーチが可能になります。
ハッシュタグは誰でも簡単に使用できるため、ユーザーは企業を宣伝するという自覚がない中で、いつの間に宣伝してもらえます。

例)Tasty Japan:掲載レシピを作ったら、#tastyjapan をつけて投稿を促す。

引用:tastyjapan

 

■(番外編)意外と知らない!?ハッシュタグの使用方法

○半角ナンバー(#)
×半角シャープ(♯)

シャープだと思っている方も多いかもしれませんが、実はナンバーという記号でのみ、ハッシュタグとして認識されます。

 

【使える文字】

  • ・ひらがな
  • ・漢字
  • ・カタカナ
  • ・アルファベット
  • ・数字
  • ・ハングル文字(韓国語)
  • ・キリル文字(ロシア語)

 

ほとんどの言語は、使用が可能です。

 

【使えない文字】

    〃ゝゞヾ、。〆― ‐ ~//((【≪[「『_ ̄“〝゜^→⇒⇔=≠≒:!?+√♯♭♪×○*@¥%&|∥÷±>≧∞∵…‥〒※☆★・

 

※ほとんどの記号は、ハッシュタグとして認識されません。

例)すべて#アドで反映され、記号の後ろの文字はタグとして認識されない。

【タグとして反映される記号】

    ・_(半角アンダーバー)

 

    ・絵文字

 

しかし、上記2つはハッシュタグとして認識されます!

※絵文字は、Instagramでのみ認識され、Facebookではハッシュタグ化されないので要注意※

例)#をつけた最後の文字まで反映される。

使用可能な文字を有効活用し、ぜひこちらの記事を、ハッシュタグマーケティングにご活用ください!

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、ハッシュタグから見たSNSトレンドについてお話しました。

SNS広告は、ユーザー同士の会話の中に広告を挟み込む形になるので、広告色の強いものは嫌われる傾向にあります。
よりオーガニック投稿に溶け込んだ、広告と思わせない広告を作るために、ハッシュタグテキストは効果的な手法であると考えられます。

Instagramの直近のアップデートでは、ハッシュタグをフォローする機能が追加されました。
これによってユーザーは、今まで以上に多様化されたハッシュタグを通して、興味のあるトピックやコミュニティと繋がっていくことが予想されます。
ハッシュタグフォロー機能についてはまた別の記事でご紹介いたします!

今後はさらに、ハッシュタグの活用次第で、投稿の拡散力が変わっていきます。
SNSをビジネスに利用するのなら、ユーザーをも巻き込むプロモーションで差をつけましょう!

photo

ライター:板垣 香名子


GMO NIKKO株式会社 デジタルマーケティング本部ストラテジック部所属。
在学中、広告コミュニケーションに興味を抱き、2017年新卒入社。
現在、ソーシャルメディア専任コンサルタントとして従事。
ユーザー目線の広告展開に注力し、トレンドを加味した新たなプロモーションを開拓中!

Contents

ico人気記事