バレンタイン目前!キラキラ女子達の座談会

2018/2/9


 
まだまだ寒い日が続いていますね。2月といえば、、節分!恵方巻!立春!色々ありますが、やっぱりバレンタイン!今年のバレンタイン動向を菓子メーカーの明治が予測していました。ハロウィンと同様に、バレンタインも10~20代の若年層が最大の盛り上げ役で、チョコ情報は動画やSNSを積極的に活用して収集しているそうです。
バレンタイン予測はこちら

 

今の女性にとってバレンタインは楽しみ?手作りするの?実際のところはどうなの?生の声を調査すべく、当社の「キラ女プロジェクト」メンバーで座談会を開きました。

 

■キラ女プロジェクトって?

あ、そうそう自己紹介がまだでしたね。
元々女性商材を持つお客様全般に注力していたのですが、女性全体をターゲットにすると対象が広すぎるという課題がありました。
そこで、今よりもっときれいになりたい、キラキラしたい、活躍したい!と考える女性たちと、その女性たちにサービスや商品を提供しているお客様のサポートに注力したいと思い、2017年10月に発足したのが「キラ女プロジェクト」です。

 

メンバーは14人で、広告の提案だけではなく、キラ女プロジェクトならではの目線で女性の購買行動、ターゲットインサイト分析などのマーケティング支援を行っています。

 

そんなキラ女プロジェクトのメンバーに、2月ということで、バレンタイン事情を赤裸々に話してもらいました。
 

 

■バレンタイン誰に渡す?

編集部:じゃあ始めていきますね。バレンタイン誰かに渡す人―?
(半分くらい手が挙がる)
プロジェクトメンバー(以下PM):でも「誰かに渡す」の「誰か」って重要じゃない?
編集部:それも後から聞いていくよー。
PM:誰でも良いなら渡します。
(全員手が挙がる)

 

聞いていくと、渡す相手は彼や父、会社の先輩、気になっている人にもアピールするために渡すということでした。

 

■自分用に購入する?どこから情報を入手する?

編集部:自分用のチョコを購入する人も多いけど、みんなはどう?
PM:もう今年買いました。
PM:この前ストーリーズにあげていたよね。
編集部:それはチョコ?
PM:チョコです。かわいいポーチが付いていたので買いました。
編集部:買ってみたいチョコはどこで情報探すの?
PM:これはVOGUEのLINEアカウントで見つけました。
編集部:公式アカウントからのメッセージ?
PM:だったと思う。確かInstagramの広告でも流れていた。

 

編集部:手作りする場合、デザインはどう決めている?
PM:Instagramで探す。
PM:クックパッドじゃなくて?Instagramにはレシピ載っていないのにどうやって作るの?
PM:Instagramでイメージを見て、それに近いレシピをクックパッドで探す。

 

購入する場合はやはりSNSからの情報を参考にしていて、広告もチェックしているようです。手作りの場合もデザインはInstagramでチェックし、クックパッドでレシピ検索を行う、というように使い分けていました。

 

■いつごろから情報収集している?

編集部:いつからバレンタインの情報を探していた?
PM:1月後半から。
PM:手作りは一発で成功しないので、2月1週目くらいに試しで作る。

 

情報収集は1月後半に開始しているようです。手作りする場合は本番用の前に練習用に作っておく人もいるため、購買の波は2月頭とバレンタイン直前の2回来る可能性があります。
 

 

■SNSで情報収集をするけど、投稿もする?

編集部:作ったり買ったりしたら、SNSに載せる?
(半分くらいの手が挙がる)
PM:載せるけどストーリーズ。
PM:買っても載せないけど、作ったら載せる。
 

 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:ワトソン あかね


メディアマーケティング本部 チーフ
ソーシャルメディアのバイヤーとしてメディアプランニングなどを手掛ける。
元アパレル業界の知見を活かし、コスメなどの女性系商品を販売するクライアントを広く担当している。

Contents

ico人気記事