タグマネージャー×類似ユーザー配信でCVRと配信ボリュームを両方改善!

2018/2/1

媒体のタグを直接設置するだけでもリターゲティングを実施することは可能ですが、タグマネージャーを利用することでさらに精度の高いターゲティングを行うことができます。今回はYahoo! Tag Managerを活用したひと味違ったリターゲティングの例をご共有いたします。

 

■イベントハンドリング機能

ユーザーのページ内での行動を元にターゲティングが可能です。例えば「1分以上ページに滞在したユーザー」や、「ページを最後までスクロールしたユーザー」など、より興味を示しているユーザーを判別することができます。

 

■データバインディング機能

ページ内に含まれる情報を元にターゲティングが可能です。例えばユーザーが商品を購入した後のページに表示された「購入商品」や「購入金額」などを取得して、「日用品を買ったユーザー」「5,000円以上購入したユーザー」などに絞ってリターゲティングを実施することが可能です。

■滞在時間0秒ユーザー除外※イベントハンドリング

滞在時間0秒ユーザーは、来訪直後に離脱しているため、興味の度合いが低く、リターゲティングの効果が低いと考えられます。タグマネージャーを活用し、リストから、滞在時間0秒ユーザー除外することで、リターゲティングのCVR改善を実現しました。

元リストと除外済リストを比較すると、IMP・CLは低下していますが、CV数は増加しています。これは、元リストには滞在時間0秒ユーザーの興味の度合いが低いユーザーが多く、除外したことで、確度の低いユーザーのCLが減りCVRを大きく改善することができたと考えられます。

 

■タグマネージャー×類似ユーザー※データバインディング

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:吉田 一貴


GMO NIKKO株式会社デジタルマーケティング本部コンサルティング部所属。
立命館大学 情報理工学部卒業。2015年に新卒として入社。
リスティング広告を始めとする運用型広告の、コンサルタントとして従事。

Contents

ico人気記事