ネイティブ広告について、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

2018/1/30

興味関心が顕在化したユーザーや、欲しいものがあるユーザーに対し、適切な情報を届ける広告は、SEMやリターゲティング広告など様々ありますが、新たなニーズを発掘するための施策に対しては、既存のウェブ広告では十分ではないことが多いです。
しかし、新たなニーズを生み出さなければ、獲得数は先細りする一方であり、獲得の母数を増やすためには、刈り取り型以外の広告も出稿する必要があります。そこで注目されているのがネイティブ広告です。

 

ネイティブ広告とは

ネイティブ広告とは、広告掲載面に広告を自然に溶け込ませることで、“ユーザーにコンテンツの一部として見てもらう”ことを目的とした広告です。記事形式が多いことから、記事広告のことをネイティブ広告と呼ぶこともあります。

 

ネイティブ広告と通常広告のメリットとデメリット

今までのウェブ広告では、購入に向けての最適なアクションを取らせることが得意です。しかし興味が無い人を振り向かせるためには、バナー広告では伝えられるメッセージが限られており、興味喚起には適していません。
ネイティブ広告はコンテンツのような見た目をしているので、ユーザーが抵抗なく広告に触れることができます。能動的な状態で商品の良さを伝えることで、興味喚起を行うことができます。ただ、ユーザーの意識に任せる部分も多いので、直接的なアクションにつながらないことも多いです。

 

ネイティブ広告の種類

ネイティブ広告には大きく分けて6つのタイプがあります。

インフィード型:
Webサイトやアプリのコンテンツ間に表示するもので、主にニュースアプリのコンテンツ間に、他のコンテンツと似たような表示形式で表示されるものです。

検索連動型:
リスティング広告です。検索結果にその他の検索結果と似たような形式で表示されます。

レコメンドウィジェット型:
レコメンド配信機能を使用し、広告配信したい記事などをレコメンド欄に表示します。記事を読み終わった後に、お勧め記事のような形式で表示されます。

プロモートリスティング型:
検索連動型と同じ表示形式です。リンク先が同サイト内のものを指し、amazonや食べログなど、サイト内のコンテンツを上位に表示させるための広告形態です。

ネイティブ要素を持つインアド型:
ディスプレイ広告の枠内に、コンテンツ型の広告を表示するものです。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事