DoubleClick(ダブルクリック)を整理してみよう!(2017/12/1記載)

2017/12/1

■DoubleClick(ダブルクリック)とは

Googleが提供する”デジタルマーケティング支援するためのテクノロジー”のことです。一つのプロダクトを指しているわけではなく、DoubleClickの冠をつけた製品ラインナップがあるためDoubleClickシリーズと呼ばれております。正式な総称としてはDoubleClick Digital Marketing(DDM)と呼びます。
広告主様も普段耳にしているGoogle AdwordsやGoogle Analyticsなどと同様にデジタル広告の配信・作成・レポートなどを担っております。

■DoubleClickシリーズのご紹介

実際DoubleClickシリーズを使ってどのようなことができるのでしょうか。過去記事において【できること、見えることが格段に増える】と紹介させていただきました。
まずは一つずつのツールとしての機能と特徴(メリット)をご紹介させていただきます。

・DoubleClick Campaign Manager(通称:DCM)

-機能:DSP・純広告・アドネットワークなどへの第三者配信ツール。DoubleClick Digital Marketingを横断したレポーティング機能を持ち合わす。
– 特徴:第三者配信機能を持ち合わせつつ、Googleプロダクトを連携していく上での基盤ツール。

・DoubleClick Bid Manager(通称:DBM)

– 機能:Googleが提供するDSP。
– 特徴:GDN以外の配信面へGoogleが提供するデータを活用して配信できるDSP。PMPも可能。

・DoubleClick Search(通称:DS)

– 機能:検索広告向け入札管理プラットフォーム。
– 特徴:パラメータ付与によりYahoo!・Googleを横断で自動入札することができる。キーワード毎のリマーケティングリスト作成や、高精度な入札技術を搭載。

・DoubleClick Creative Solutions(別名:DoubleClick Studio)

– 機能:HTML5などのリッチクリエイティブやダイナミッククリエイティブの作成支援。
– 特徴:DCMと連携しスムーズに入稿ができる。各種テンプレートを用意。

■DoubleClickシリーズを組み合わせることでできること

広告出稿側としてDoubleClickシリーズを含めたGoogle製品を組み合わせることで、【できること、見えることが格段に増える】と思っております。ご紹介した各ツールはどのように組み合わせることができるのでしょうか?まずは、概要図をご覧ください。

メリット①:データの集約による管理工数・計測数値ズレの解消
DoubleClick Campaign Manager(DCM)を中心として各ツールを接続することにより、各種データがDoubleClick Campaign Manager(DCM)に集約することになります。今まで別々の管理画面で見ていた広告データを1つに集約するということは、管理工数の点・計測数値の正確性の点でも大きなメリットになるかと思います。

メリット②:媒体横断したレポーティング
各種データがDoubleClick Campaign Manager(DCM)に集約することにより、媒体間のユーザー広告配信重複率や、1ユーザーがCVするまでの広告接触経路を分析するアトリビューション分析などが可能になります。今まで断片的に見ていた広告配信結果が、1ユーザーに紐付いてストーリーを立てることができるようになります。

メリット③:クリエイティブ表現の拡大・抑制
広告配信元をDoubleClickに統一することによりDoubleClick Studioで作成したクリエイティブを各種媒体で配信することができます。※アプリ面などで掲載できない場合もある。また、媒体毎の広告入稿ではできなかった1ユーザーに対するフリークエンシー(広告露出頻度)の制御や、なども可能になります。

メリット④:Googleプロダクトと連動した統合管理
上記は第三者配信のメリットとも重複することがありますが、DoubleClickならではのメリットとしてはGoogleプロダクトの連動です。
中でも一番の注目は、DoubleClick Campaign Manager(DCM)とGoogle Analytics 360との連携による広告データとウェブサイトデータの統合管理です。どういった広告配信を行えばよりよいユーザーを獲得することができるのかという部分を、広告配信とウェブサイド内データとで一気通貫で管理・レポーティングすることができるようになります。
さらに広告評価・自動入札などをすべて自動化するGoogleアトリビューションと組み合わせることでより良い広告配信の実現をすることも。

■まとめ

上記がDoubleClick Digital Marketingの概要説明となります。理解・活用イメージは湧きましたでしょうか?今まで分断されていたデータが統合管理されることと、Googleプロダクトを横断的につなげていくことで指標がまとまり、自動化・最適化へつなげることができるのが最大のメリットとなります。
DoubleClick Digital Marketingに関して不明な所があれば、ぜひお問い合わせいただければと思います。

photo

ライター:平野 駿


GMO NIKKO株式会社 コンサルティング本部 ストラテジック部所属。
法政大学 国際文化学部卒業。新卒としてGMOアドパートナーズ株式会社へ入社。
SEO・SEMの営業を経て、現在はディスプレイ広告の運用、
分析、改善施策の提案などの業務に従事。

Contents

ico人気記事