渋谷のハロウィン美女特集!ハロウィン参加者のSNS利用状況調査

2017/11/2

一般社団法人日本記念日協会によると、2017年のハロウィンの経済効果は1,305億円と予想されており、2,017年のバレンタインの経済効果、1,385億円に匹敵する規模になってきています。特にSNSなどの広告クリエイティブでもハロウィンを使用したものが増えてきています。消費者の趣向の変化を調査するため、ハロウィンで賑わう渋谷で、若者のSNS利用状況とハロウィンに対する意識についての調査を行いました。

■取材にご協力いただいた美女たち

今回取材をさせていただいたのは、この方たちです。ご協力ありがとうございました。

今年一番人気のミニオンズ。男女問わずたくさんいました。

お揃いの仮装で合わせている人が多かったです。

お揃いの仮装②

お揃いの仮装③

お揃いの仮装④

お揃いの仮装⑤

お揃いの仮装⑥

お揃いの仮装⑦

お揃いの仮装⑧

お揃いの仮装⑨

女性二人で対照的な仮装で合わせている人も多かったです。

対照的な仮装②

対照的な仮装③

渋谷ではミニオンズよりも、ミリタリーや巫女さんの仮装が多かったように感じました。

巫女さん①

巫女さん②

ディズニーの仮装同士で撮り合っていたり、ソーシャル性も求められます。

■調査結果(SNS利用状況)

渋谷に来ていた35名にアンケート調査を行いました。

今回は10代~20代前半の学生を中心に調査を行いました。

複数回答ありで、34名から回答を得られた中、33名がLINEを利用しています。Instagram、Twitterもほとんどの方が使われていました。Facebookは半数に留まり、若年層に向けたプロモーションでは、使用を十分に検討する必要がありそうです。

59%の人が1日に20回以上SNSを使用しています。

プリインストールされているカメラアプリの他に利用者が多かったのが、SNOWとB612でした。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事