Instagramの大きく変わりつつある使われ方。InstagramDay訪問レポート

2017/10/11

2017年10月3日、InstagramDayというInstagramのセミナーが開催されました。FacebookがInstagramに特化したイベントを行うのは今回が2回目であり、1回目は2015年9月にInstagram広告を一般リリースしたタイミングで実施されています。それから2年経ちInstagramの利用シーンは大きく変化しました。今回のセミナーでは、現在のInstagramの理解を深め、Instagram感度を上げてもらうことを目的として行われました。

■Instagramの動向

ユーザー数は国内外で急拡大しており、月間のアクティブユーザー数で見ると2015年は世界で3億人、日本は810万人でした。しかし現在は世界で8億人、日本は2,000万人に増加しています。日本国内でInstagramは「誰がどのように使っているのか。」「どんなコンテンツを投稿し、どんなコンテンツを見るために来るのか」それらを踏まえ「企業、代理店がどのように活用すべきか」について説明します。

・誰がどのように使っているのか

Instagramユーザーはほとんどが女性だと思っているかもしれませんが、男女比は男性4、女性6と、男性も含めてコミュニティは広まっています。利用シーンは、朝起きてすぐ、通勤時、昼休み、仕事の合間の休憩中、寝る直前と1日中使われています。家にいる時など、心に余裕があり、リラックスしていて、何かしら新しい発見をしたい時によく使われており、生活の一部になっています。

・どんなコンテンツを投稿し、どんなコンテンツを見るために来るのか

ユーザーが良く見るコンテンツは著名人の投稿、友人の投稿、ファッションが多く、これは2015年から変わっていません。しかし2015年の頃はそれに続いて、写真、アート・デザインの投稿が多かったのですが、現在は減少傾向にあり、代わりに料理や旅行が増えています。以前は作りこまれたアートのようなものではないと投稿しにくい雰囲気がありましたが、今は日々の体験の共有などが増えており、気軽に投稿できるようになっています。

・企業、代理店がどのように活用すべきか

ユーザーの80%は自主的に企業アカウントをフォローしています。そのことからもInstagarmは非常にビジネスで重要な場所です。マーケティングは生活者にポジティブな影響を起こすためのものです。Instagarmでも考え方は同じで、行うことは変わりません。普段よりビジュアルなコミュニケーションを意識するだけで、消費者から目に見えるアクションを得ることができます。実際ユーザーに「スクロールの指が止まるのはどのような投稿か?」と聞くと、写真・動画といった、ビジュアルなコミュニケーションを受けたときという回答が多いです。

■Instagramの動向

ユーザー数は国内外で急拡大しており、月間のアクティブユーザー数で見ると2015年は世界で3億人、日本は810万人でした。しかし現在は世界で8億人、日本は2,000万人に増加しています。日本国内でInstagramは「誰がどのように使っているのか。」「どんなコンテンツを投稿し、どんなコンテンツを見るために来るのか」それらを踏まえ「企業、代理店がどのように活用すべきか」について説明します。

・誰がどのように使っているのか

Instagramユーザーはほとんどが女性だと思っているかもしれませんが、男女比は男性4、女性6と、男性も含めてコミュニティは広まっています。利用シーンは、朝起きてすぐ、通勤時、昼休み、仕事の合間の休憩中、寝る直前と1日中使われています。家にいる時など、心に余裕があり、リラックスしていて、何かしら新しい発見をしたい時によく使われており、生活の一部になっています。

・どんなコンテンツを投稿し、どんなコンテンツを見るために来るのか

ユーザーが良く見るコンテンツは著名人の投稿、友人の投稿、ファッションが多く、これは2015年から変わっていません。しかし2015年の頃はそれに続いて、写真、アート・デザインの投稿が多かったのですが、現在は減少傾向にあり、代わりに料理や旅行が増えています。以前は作りこまれたアートのようなものではないと投稿しにくい雰囲気がありましたが、今は日々の体験の共有などが増えており、気軽に投稿できるようになっています。

・企業、代理店がどのように活用すべきか

ユーザーの80%は自主的に企業アカウントをフォローしています。そのことからもInstagarmは非常にビジネスで重要な場所です。マーケティングは生活者にポジティブな影響を起こすためのものです。Instagarmでも考え方は同じで、行うことは変わりません。普段よりビジュアルなコミュニケーションを意識するだけで、消費者から目に見えるアクションを得ることができます。実際ユーザーに「スクロールの指が止まるのはどのような投稿か?」と聞くと、写真・動画といった、ビジュアルなコミュニケーションを受けたときという回答が多いです。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事