Facebook ダイナミック広告を4つの視点で検証

2017/7/26

Facebook ダイナミック広告の特徴は、企業の商品データと、ページ閲覧履歴の情報を元に、クリエイティブを自動生成し、広告配信する点にあります。 また、Facebook ダイナミック広告は、一般的なフィードと連携した施策に加え、リーセンシーの設定や拡張配信など、設定できる項目が多い点も特徴です。効率的に活用するために、今回4つの視点で検証しました。

  1. ①配信媒体、配信メニューによる比較
  2. ② リーセンシーによる比較
  3. ③ 広告目的による比較
  4. ④ リーセンシー×商品単価によるCPA比較

Facebook ダイナミック広告は、他のダイナミック広告と比較してもCPAを安価に獲得し、CTR、CVRとも他ダイナミック広告よりも高い値を出しています。

Facebook ダイナミック広告 さらに高まる獲得型広告の重要性

昨今、動画広告の需要増加により、広告指標もCPAのみではなく、視聴数や態度変容など多様化しています。その中で、広告目的は認知型と獲得型に二極化してきており、獲得型広告にも更なる効率が求められています。Facebook ダイナミック広告はこのようなニーズに合わせた商品として需要が高まっています。

Facebook ダイナミック広告の特徴

Facebook ダイナミック広告は企業の商品データと、ページ閲覧履歴の情報を元に、クリエイティブを自動生成し、広告配信するものです。一般的にダイナミック広告の最適化はフィードと連携した施策が中心で、管理画面では運用の幅が狭いと言われることが多いと思います。一方Facebook ダイナミック広告は上記に加え、リーセンシーの設定や拡張配信など、設定できる項目が多く、自由度が高いです。より効率的に活用するため、今回4つの視点で検証しました。

Facebook ダイナミック広告説明図①

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事