国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア『Branded Shorts』授賞式に見るブランデッドムービーの今②

2017/7/10


 
6月7日、米国アカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア内において、企業や広告会社がブランディングを目的に制作したショートフィルム(ブランデッドムービー)を表彰する『Branded Shorts』の授賞式が東京・恵比寿で開催されました。本記事では、授賞式前に開催されたグローバルカンファレンスから、授賞式の審査員トークまでの様子をレポートします。

 

広告賞ではなく、映画祭としての評価とは?

 

映画監督の崔洋一氏や、電通の高崎卓馬氏など、映画、文学、広告などの業界を超えて構成された審査員と受賞者。
 
今年が2年目となる『Branded Shorts』では、映画監督である崔洋一氏や、電通の高崎卓馬氏など9名が審査員を担当。映画、文学、広告などの業界を超えて構成された審査員によって、国内外からの応募作品36本のなかから、日本作品と海外作品のそれぞれに、最優秀賞にあたる「Branded Shorts of the Year」が選ばれました。

 
ここで確認しておきたいのは、これが広告賞ではなく、あくまで映画祭の中のブランデッドムービーを評価するための部門だということです。

 
ブランデッドムービーを「生活者にとっての価値(エンターテイメント性や有益性)」と「企業やブランド側からのメッセージや理念」を両立できるコンテンツと定義する『Branded shorts』では、ブランディングという目的の中で、シネマチック、ストーリーテリング、エモーショナル、アイデア、オリジナリティ、プロダクションクオリティ、グローバル性という独自の7つの視点を基に審査が行われます。

 
この7つの視点そのものにやや曖昧さを感じていたのですが、予感した通り審査委員長であった崔洋一氏の挨拶にも「審査が大変でした」という言葉がありました。今受け手にとって、これらブランデッドムービーは一体どういうジャンルだと認識され、何が良しとされるのか。受賞作品を含め以下の作品を観て読者の皆さんはどう感じるでしょうか。

 

ブランドに着地するのか

 
《Branded Short of the Year インターナショナルカテゴリー》
 


『Notes』
カナダ/3:49/2017
広告主:Take Note
監督:Chris Booth & Joel Pylypiw
広告会社:BBDO Toronto
制作会社:Skin & Bones

 
インターナショナルカテゴリーで選ばれたのは、カナダ・トロントの文房具店Take Noteのブランデッドムービー。
 
ある夫婦の間で繰り広げられるメモ上でのやり取りを、手先とペンだけを使って表現した作品です。「限られた制約の中で、二人の人生が手に取るように伝わって」きたこと、「人生の紆余曲折をドラマチックに描きだす様は愛に溢れ、人生のシナリオとしてすべての人の心に刺さる」という点などが評価されていました。
 
《Branded Short of the Yearナショナルカテゴリー》


『THE WORLD IS ONE FUTURE,JAPAN,SOUTH AFRICA,AND AUSTRALIA』
日本/3:00/2016
広告主:トヨタ自動車株式会社
監督:永井聡(JAPAN)・小林大祐(SOUTH AFRICA・AUSTRALIA)・井口弘一(FUTURE)
広告会社:株式会社電通
制作会社:株式会社スプーン

 
ナショナルカテゴリーには、ドバイで撮影された未来篇を加え四分割画面となったトヨタの『THE WORLD IS ONE』が選ばれました。

 
若者の恋と友情を描きながら、人間をワクワクさせるもの、つまりクルマへの憧れも、国や文化をこえて世界中で変わらないはずだというメッセージを「まったく同じ手法で4つのストーリーを四分割で映し出すというアイデア」によって実現した点などを評価されました。
 
受賞した2つの作品はいずれも“ブランドが記憶に残る作品”であったと感じます。そう言うと広告業界の方にはブランデッドムービーなのだから当たり前ではないかと指摘されてしまいそうですが、筆者自身はノミネート作品を観ているうちに、これらの映像をどのように評価すべきかという基準が揺らいでしまったことも事実です。

 

▶その他のエントリー作品はこちら
 
審査員のほとんどが同様の体験をしたと思われ、エッセイストの犬山紙子氏は「どれも広告の枠を超えて訴えてくるものがあり面白いが、最終的に『Notes』は “その企業のものを買ってみたくなるか”という基準に当てはまっていた」と発言したほか、ADKの高野文隆氏も審査の議論を重ねるうちに「これでブランドに着地するのかな」と感じていたそうです。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事