【ワンクリックでバナー1000本作成】高速&大量バナー制作術!

2016/10/12

バナー制作には時間と労力がかかる

広告を最適化するには避けては通れないバナー制作。一言でバナーと言っても、大きいもの、小さいもの、縦長のもの、横長のもの、と様々で、制作するデザイナーも夜遅くまで作業が続くハードな業務です。

今回はこのバナー制作において、クリエイティブの画像や文言を効率よく差し替え、広告のPDCAを加速させるための画期的なソリューションを紹介したいと思います。

広告デザイナーの在り方

広告業界におけるデザイナーは、商業クリエイティブの専門家であり、効果的な広告を発見するためのクリエイティブ戦略を担う存在であるべきだと思っています。

ただ、現実問題としてデザイナーは非常に作業量が多く、デザインの案だしだけでなく、目先の画像差し替えやテキストの打ち込み、完成したバナーのチェックなどで日々時間に追われていることが多いです。

そして広告クリエイティブの目的は多様であり、役割やミッションも、それに応じて必要なタレントも異なります。そしてインターネット広告の世界で求められる広告クリエイターは、数字(指標)に対しての施策アプローチは、より高速に対応することも重要です。

デザイン現場における画期的なソリューション

ほぼすべてのWEBデザイナーが使用しているグラフィックソフト、Adobe Photoshop。このツールには単純作業を自動化するための「アクション」機能が入っています。これは、Excelのマクロ記憶のようなもので、簡単な作業を何度も繰り返す場合に使用します。

今回、GMO NIKKOで取り組んだのは、より高度なプログラムのAdobe JSX(ExcelでのVBAに相当)を使用したバナー制作の自動化です。
「アクション」で対応できない作業(動的なファイル名を指定しての読込、条件節、バナー枠に合わせた画像の大きさの調整)を用いてデザイン作業を自動化することで、高速かつ大量にバナーを生産することが可能となりました。

まとめ

このように、バナー制作を自動化することで、デザイナーの業務負荷を軽減することができます。デザイナーの業務負荷を減らせるという視点だけでなく、それによって創出した時間をどれだけクリエイティブ戦略に投資できるかが勝負の分かれ道です。

このソリューションによる広告の改善スピードの改善こそが、広告効果最大化に繋がっていくと感じています。

photo

ライター:中耒田 一考


アドテクノロジー部所属。広告の営業事務、ソーシャルゲームの制作進行などを経て、現職へ。効率化・省力化・改善スピードUPを軸としたソリューション提供を得意とする。

Contents

ico人気記事