見る広告から「読まれる広告」へ Yahoo! JAPANが語るコンテンツ型広告のインパクトとは<アドテック東京 出展ブース内セミナーレポート③>

2016/9/29

アドテック東京 GMOインターネットグループ出展ブース内セミナーレポートの第3弾です。

本セッションでは、ヤフー株式会社の宇都宮正騎氏をお招きし、Yahoo! JAPANのコンテンツマーケティングの現状について伺いました

なぜ今コンテンツマーケティングなのか

総務省の「平成23年版 情報通信白書」によると、消費者に届けられる情報量が急増しており、消費情報量は1%にすぎず、99%は受け流され消費されていないのが現実です。
情報が届いたとしても消費者の65.8%は、思っていたコンテンツ内容と違うコンテンツであったと感じています。

一方、消費者は編集されたコンテンツを求めるようになっています。

検索時に「○○ おすすめ」といったようなキーワードで検索し、まとめられた情報を求める数は増加しています。

ユーザーが求める最適なコンテンツを届けることができるよう、ヤフーでは記事を読み終えた後に表示されるレコメンドウィジェットから、コンテンツ型のページに誘導するYahoo!コンテンツディスカバリーをリリースしました。

Yahoo!コンテンツディスカバリーの強み

Yahoo!コンテンツディスカバリーの強みは以下の3つです。

1.意欲の高いユーザーを集客

コンテンツを消費したユーザーが次のコンテンツを求めているタイミングで表示できるためコンテンツへの意欲は非常に高いです。

2.月間250億Imps超(※)の配信量
Yahoo!ニュース含む70以上(※)の媒体に配信します。

配信先の9割はYahoo!ニュースに配信されるため、配信面の信頼度は高いです。

(※)2016年9月時点

3.優秀なレコメンドエンジン
Taboola社のレコメンドエンジンを使用し、ユーザーの興味関心に合わせて広告配信しています。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事