拡大し続ける動画広告市場におけるTwitterのトレンドと最新事例<アドテック東京 出展ブース内セミナーレポート②>

2016/9/29

アドテック東京 GMOインターネットグループの出展ブースセミナー第2弾のレポートです。

このセミナーでは、Twitter Japan株式会社の犬飼裕一氏、長谷川弥氏をお招きし、Twitterの動画サービスの現状を伺いました。

Twitterでなぜ動画なのか

毎日スマートフォンで動画を視聴する人は42%、毎日パソコンで動画を視聴する人は20%とスマートフォンは、インターネット動画のメインデバイスとなってきています。

また「ここ1年で、スマートフォンで動画を見ることが増えた」と答えるスマートフォンユーザーは4割ですが、その中でTwitterユーザーは5割と、Twitterユーザーは、ノンユーザーと比べて、動画を視聴している割合が高いです。
さらに「特定の動画を観るために、Twitterを開くことがある」と答えたユーザーは31%ですが、
「特定の目的を持たずにTwitterを開いて、動画を観ることがある」と答えたユーザーは58%と言う結果でした。

以上のことから、面白い動画を作り、Twitterで配信すれば見てもらえるということであり、Twitterは広告としての動画を配信するのに適した媒体だと言うことができます。
Twitterならではの機能としてリツイートがあり、面白い動画を作れば拡散されやすいのもTwitterの特徴です。
Twitterではテキストのみのツイートと動画を含むツイートを比較すると、動画の方が7.5倍多く拡散されており、通常のツイートよりも拡散される可能性が高まります。

Twitterの動画広告のフォーマット

一言に動画広告と言っても表現方法は様々です。

■プロモビデオ
最も基本的な手法です。タイムラインに動画を含むツイートが流れ自動再生されます。自動再生時に音は出ませんが、クリックしたら音を出すことも可能です。

■Twitter Amplify
メインの動画の前に、広告用の動画を挟むことができます。
6秒以上の動画広告の場合はスキップボタンが現れます。特定の動画再生前にのみ配信可能であり、たとえば阪神タイガースの試合シーンの動画の再生前などに入れることが可能です。

■ファーストビュー
1日1社限定の広告枠です。ユーザーがその日初めてTwitterを立ち上げた時に、上から2つ目のツイートに動画付きの広告を掲載します。
1,000万人をはるかに超える人にその日1日で動画を視聴させることが可能です。

■カンバセーショナルカード
ツイート内の問いかけに対し、選択式で返答が可能です。
回答することで回答者のフォロワーに拡散されます。一度拡散されると、そこから先は広告ではなくなるため、お金をかけずに情報拡散が可能です。

■ビデオアプリカード
広告をクリックするとアプリのインストール画面、またはインストール済みユーザーにはアプリを立ち上げさせることが可能です。次の行動につながりやすく、認知目的以外の広告に有効な手段です。

■Periscope
スマートフォンから簡単にライブ動画を配信することができるアプリです。
Periscopeで配信できるだけでなく、Twitterから流入させることができます。リアルタイムでハートを送ったり、コメントを書き込むことができます。
新製品発表会やイベントの中継、イベント後のインタビューなどでも利用可能です。

t-4

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事