顔を洗う猫と予測分析のお話

2016/10/6

■観天望気(かんてんぼうき)という言葉をご存知ですか?

観天望気とは、天気に関することわざや言い伝えのようなもので、自然現象や生物の行動の様子などから天気を予想することです。古来より海や山で仕事をする人たちが長年の経験によって発見し、今日まで受け継がれてきました。

・猫が顔を洗うと雨になる
・きれいな夕焼けの次の日は晴れる
・燕が低く飛ぶと雨になる
・蜘蛛が巣を張ると次の日は晴れる
・ミミズが土の中から這い出てきたら大雨になる
・茶碗のご飯粒がきれいに取れると雨になる

・・・などなど。
皆さんも聞いたことがあるものがいくつかあるのではないでしょうか。

漁業や林業に携わる人たちは、今でも海や山の急激な天候の変化を予測する天気予報の補完手段として観天望気を役立てています。

また、観天望気の中には湿度や雲の動きなどから関係性や理由を説明できるものも多くあります。

例えば「猫が顔を洗うと雨になる」は、雨が降る前は湿度が高くなるため、猫は大事なセンサーであるひげや眉の触毛に湿気がつくのを気にして顔を洗うような仕草をするのではないかと言われています。

■因果関係と共通要因

それでは、「猫が顔を洗うこと」と「雨が降ること」に因果関係はあるのでしょうか?

因果関係とは「原因と結果の関係」のことです。
Aが原因でBという結果になる場合、「AとBには因果関係がある」といえます。

ここでもう一度「猫が顔を洗うと雨が降る」の関係をおさらいしてみましょう。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:神津 洋幸


ストラテジックプランナー、リサーチャー。 Webプロモーションの戦略立案、Web広告効果の分析・オプティマイズ、各種リサーチなどを担当。前職はマーケティングリサーチ会社にて主に広告効果の調査・分析・研究業務に従事。2004年より現職。

Contents

ico人気記事