【イベントレポート:FeedTech2016】「データフィード」活用について

2016/9/9

2016年9月6日、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターでフィードフォース社主催による「Datafeed Everywhere! 」をテーマに掲げた「FeedTech2016」が開催されました。(https://feedtech.net/

アド論 byGMOのライタースタッフも、当日公式メディアパートナーとして参加しました。

昨年の開催に続き、今年も開催された「Feed Tech2016」ですが、セッション数も増加しコンテンツも増え、データフィード領域の注目の高まり具合を実感しました。

キーノートセッションのオープニングトークとして、塚田氏(株式会社フィードフォース社/代表取締役)が登壇。

このセッションでは、データフィードを取り巻く現状を中心に、データフィード領域が市場で健全に成長していくための4つの取組みを発表。

4つの取組みとは

1.エコシステムの構築(自社プロダクト「Beyond」の発表)

2.書籍の執筆(いちばんやさしいデータフィードマーケティング教本)

3.データフィードツールの提供(セルフ管理のツール)

4.イベントの開催(「Feed Tech2016」)

わかりやすく、簡単に、便利にデータフィードと寄り添っていこうというメッセージを感じることができました。

続いて、「Facebook広告における、データフィードの役割とその進化」と題して、大谷氏(Facebook/Partner Manager)が登壇。

Facebookの過去と現在のプロダクトの発展を中心に、その中でデータフィードを活用するDPA(Dynamic Products Ads )について言及されていました。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事