【後編】人工知能にクリエイティブはつくれるのか?

2016/8/24

先日掲載した「人工知能にクリエイティブは作れるのか?」後編として、一般財団法人 プロジェクションマッピング協会の代表理事 石多 未知行さんのインタビューをお届けします。前編はこちら

下條:
人工知能が降臨するプロジェクションマッピング国際大会について教えてください。

石多さん:
実は日本(神奈川県逗子市)で2012年からスタートしていました。アジアではこうした国際コンペは日本だけなんです。
規模は年々大きくなり、昨年の動員数は47000人ほどでした。

今回の大会エントリー数は75で、世界の24の国と地域から応募が寄せられています。(今回のリリースより)
http://www.dreamnews.jp/press/0000136786/

ちなみに海外では有名な国際コンテストが幾つかあります。

まずモスクワ(ロシア)の大会でCircle Of Light! です。
http://www.lightfest.ru/en/
このコンテストでは3分以上の作品が30作品ぐらい流れます。すべてをみるのに2-3時間かかるので結構疲れます。

もうひとつ海外で有名なコンテストはブタペストのアイマップです。
ここはプロジェクターを100台使う大迫力なイベントです。



こちらでは100台のプロジェクターを使った巨大なプロジェクションマッピングでコンペをするのですが、世界中から主催者にあらかじめ選考された6組ほどのクリエイターの作品によって競われます。
実は日本のコンペはオーディエンスの事も考えひとつの作品が1分から1分59秒の尺で、決勝は16作品映写しますので全体で1時間ぐらいで見れるという特徴もあります。

下條:
コンテストの順位はどのように選ぶのですか?

石多さん:大会最終日に審査会があります
今回の大会では
・昨年度の優勝のクリエーターのNEBA Studio
・世界的有名なBordos ArtWorks(ハンガリー)
・デジタルハリウッド大学 学長の杉山さん
・プロジェクションマッピング協会の関係有識者
・新潟市の関係者
・オーディエンス
といった審査員で選びます。

下條:
昨年優勝した作品はどんな作品なんですか?

石多さん:
1位はマカオ ネバスタジオ 若いチームで映像の技術が高いわけではないが、演出が非常にチャレンジングでした。見せ方も面白くて総合的に1位になりました。

実は1位,2位は僅差だったんです。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:下條 泰朗


2001年 法政大学 経済学部卒業
2004年 株式会社日広(現 GMO NIKKO株式会社)入社

GMO NIKKO株式会社でコミュンケーションプランナーとして従事。
ユーザーとのコミュニケーションのあり方が複雑に変化する中で、マーケティング課題を最短で解決するアイディアを提供する。

★受賞暦
第2回 ワンクリックアワード 中島伸也賞受賞
第6回 東京インタラクティブアドアワード インテグレイテッドキャンペーン部門 銅賞
2008年クリエイター・オブ・ザ・イヤー 最終ノミネート

Contents

ico人気記事