Twitter投票ツイートからみるコンサルタントの価値提供

2016/2/1

1.Twitter投票ツイートって?
Twitter上で簡単な投票ができる「投票」機能があります。
こちらの形式でオーガニック、広告のツイートが可能です。
今回ご紹介するのは、この投票ツイートを活用した広告運用の展開事例になります。
※画像はイメージ

2.実施結果
・通常のプロモツイートよりもエンゲージメント率が 高い結果でした。
48時間でおよそ4,000票の回答を獲得しました。
今回の投票内容は「〇〇のサービスを知っていますか?」という簡単なものでした。
結果、「知らない」と答えた方が80%ということで、商品・サービス認知の向上という課題が顕在化されることにつながりました。
3.今回の気づき
多くの広告マンは、大きな広告費で広告主の事業成果を大きく返す。ということが「花形」と考えていると思います。ただ、今回の広告費は数万円でした。
しかし、広告主の課題を顕在化させ、今後のマーケティング戦略への示唆をわずか数万円と数時間で得ることができました。
これもコンサルタントの大きな価値ですね。
我々コンサルタントが広告主様に提供する価値について考える良い機会となりました。
Twitter投票ツイートの詳しい事例については、当社コンサルタントメンバーからアド論 byGMOに投稿予定です!
photo

ライター:冨岡 信之


アド論 byGMO 編集長
2006年大学卒業後、日広(現GMO NIKKO株式会社)に入社。入社から広告営業でリスティング広告やバナー広告、またキャンペーン、リアルメディア等を企業へ提供。Advertising Innovationを掲げ、「広告貢献度の可視化」をクライアントへの付加価値とし、企業の広告領域の価値を高めることに取り組んできた。現在はデジタルマーケティング本部の本部長として、企業の広告価値を高める根幹を担っている。

Contents

ico人気記事