1カ月の運用命令数10万回!?今年の運用型広告の展開

2016/1/18

年のはじめということで、運用型広告のコンサルティングを提供している、当社GMO NIKKOのコンサルティング本部から、2016年の運用型広告の運用の在り方について紹介します。

2016年のアウトプット方針は、「自動化」の取り組みにより、時間をつくりクライアント様にとっての「新領域」へ時間を投資することです。

広告主マーケッターの皆様も広告会社も、やらなければならないことが多い

技術進化によりマーケティングテクノロジーの領域が本当にカオスです。
一つの背景として、スマートフォンがあります。
ユーザにとっては「スマートフォン」とひとくくりですが、マーケターにとっては違います。
スマートフォンはブラウザとアプリに分かれます。
ユーザの接触時間は二分し、それぞれ広告の技術や手法が違うためマーケティングに必要な時間は大きく増加しています。
スマートフォンだけでなく、PCについても技術進化により施策余地が拡がっています。

限られた時間を有効活用することが大事(=より自動化へシフト)

よって、手動でも自動でも「質」が変わらないことは自動化すべきですし、手動は「量」という視点で自動には勝てません。
今までも自動入札・入稿による運用事例などは、アド論 byGMO の記事でも何度か紹介しました。
これからは個人でなく組織全体での自動化、そしてクライアントも含め推進していかなくてはいけないと考えています。
そして、自動化によって確保できた時間を、マーケティングで踏み込めていない新しい領域に踏み込むことが必要です。

自動化できる領域

自動化にあたり、自動化が可能か否かの線引きが重要です。

■自動化したい(=テクノロジーに任せたほうがいいこと)

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事